【メンズ】オフィスカジュアルで気をつけるポイントは?揃えるべきアイテムも紹介

23.10.24

カテゴリー

スーツノウハウ

タグ

オフィスカジュアル メンズ

【メンズ】オフィスカジュアルで気をつけるポイントは?揃えるべきアイテムも紹介

ビジネススタイルの多様化が進み、オフィスカジュアルを推奨する企業が増えていますが、具体的にどのような服装なのかわからない、どこまでカジュアルにしてよいかバランスが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。
この記事では、オフィスカジュアルの定義から、気をつけるべきポイント、揃えるべきおすすめのアイテムなどをご紹介します。オフィスカジュアルに相応しいコーディネートの参考にしていただけます。

1.オフィスカジュアルとは?

image01オフィスカジュアルとは?.jpg

オフィスカジュアルの定義やビジネスカジュアルとの違いについて解説します。

1-1.オフィスカジュアルの定義

オフィスカジュアルには実は明確な定義はありません。ビジネスシーンでも問題ないカジュアルな服装を指し、デスクワークに支障がなく、周囲への礼儀を踏まえた服装です。
スーツを着用するほどフォーマルではないけれど、職場や関係者に不快感を与えない服装といえます。外来のお客様対応がない職種などの場合、オフィスカジュアルが許可されているというケースもあります。

1-2.ビジネスカジュアルとの違い

ビジネスカジュアルは、一般的なビジネススタイルよりもカジュアル要素を取り入れた服装であり、オフィスカジュアルに比べるとフォーマル度があります。フォーマル度の高い順に、ビジネススタイル>ビジネスカジュアル>オフィスカジュアルといったイメージです。
ビジネスカジュアルもオフィスカジュアルと同じく明確な定義はありませんが、ジャケットとパンツを組み合わせるスタイルを指すケースが多いです。

2.オフィスカジュアルで気をつけるべきポイント

オフィスカジュアルで気をつけるべきポイントをご紹介します。

2-1.シンプルで控えめなアイテムを選ぶ

ビジネススーツのカラーはネイビーやグレー、ブラックなどが基本です。そのため、オフィスカジュアルでの服装も同様のカラーを取り入れれば違和感がありません。基本カラーのなかでもダークトーンの方が、フォーマル度が高いとされます。
柄もストライプやチェックはスーツでも取り入れられますが、ラインの色が濃かったり幅が太かったりするとカジュアル度がアップします。柄ものでも控えめなタイプやフォーマル度の高いシーンでは無地が無難とされています。オフィスカジュアルにおいても、スーツの色味や柄の基本的な考え方を取り入れれば問題ないでしょう。

2-2.清潔感のあるコーディネートを意識する

オフィスカジュアルでは清潔感を意識しましょう。どのような服装でもシワのある服やヨレヨレになった服はだらしない印象を与えます。シワになりにくい素材を選ぶようにし、お手入れや身だしなみのチェックも大切です。
キチンとした感じのあるデザインやシルエットを選ぶと清潔感もアップします。

2-3.オフィスの雰囲気に馴染ませる

オフィスカジュアルでは企業風土に合わせたコーディネートが大切です。オフィスカジュアルの幅は広く、どこまで許容されるかは企業の業種や文化によって異なります。たとえば、TシャツやデニムでもOKという職場と、トレンド意識の高さが問われるファッション業界では服装の基準も大幅に異なるでしょう。コーディネートの判断がつかないこともあるため、ドレスコードの基準が設けられているか確認し、身近な先輩社員を参考にすると良いでしょう。

2-4.動きやすくシワになりにくいアイテムがおすすめ

立ったり座ったりする動作にも問題ないストレッチ素材やシワになりにくいアイテムがおすすめです。オフィス勤務の場合、長時間座っていることや軽作業、通勤などの移動など、意外と身体には負担がかかっています。ファッション性を重視するよりも、オフィスワークに適した動きやすく機能性の高いものを選ぶと良いでしょう。
裏面が滑りやすくなって羽織りやすいジャケットや伸縮性のあるインナー、シワになりにくい加工が施されたパンツなど、使い勝手のよいアイテムがお気に入りの一着になるはずです。

2-5.カジュアルすぎない素材を選ぶ

服装は、同じデザインでも生地感によってフォーマル感やカジュアル感の印象が異なります。
ウールやシルクなどの素材は、上品な光沢がありフォーマル度を高めてくれるためおすすめです。ポリエステル素材は化学繊維ですが、技術の向上によりウールやシルクのように上品な光沢感のあるものも存在します。
綿や麻素材はシワが入りやすくカジュアル感の強い素材であるため、取り入れる際にはデザインに注意する必要がありますが、綿でも肌ざわりが滑らかでシワになりにくい加工が施されているものはフォーマル度がアップします。
一方、同じ光沢感がでるものでもナイロン素材は、ツルツルした素材でスポーツウェアなどに使われます。カジュアル感が強く、オフィスカジュアルスタイルでは避けましょう。

2-6.デニム素材はNG

デニムの元は作業着であったため、オフィスには適さないとされています。ただし、職場でデニムが許容されている場合にはダメージジーンズを避け、サイズ感やカラートーンなどに注意して清潔感のあるものを選ぶようにしましょう。

3.オフィスカジュアルで揃えるべきおすすめのアイテム

image02オフィスカジュアルで揃えるべきおすすめのアイテム.jpg

オフィスカジュアルスタイルに持っておくとコーディネートに困らない、おすすめのアイテムをご紹介します。

3-1.ジャケット

カジュアルな服装でも、ジャケットを羽織るだけでフォーマル感がアップするため、一着は持っていると安心です。カジュアル感が強めのトップスやパンツのコーディネートでも、ジャケットを羽織ればドレスアップしている印象になります。
ジャケット単体のものと、スーツの上着はデザインのディテールやシルエットが異なります。オフィスカジュアルスタイルに、ビジネススーツの上着だけ取り入れると、パンツとの組み合わせがちぐはぐな印象となりやすいので注意しましょう。

ジャケット.jpg

3-2.衿つきトップス

トップスには衿つきシャツを選べばキチンと感を演出できます。カットソーやTシャツなど衿がないものはカジュアル感が強くなるため、ジャケットやパンツでバランスをとる必要があります。シンプルなデザインで、ホワイト、ネイビー、ブラックなど落ち着きのあるカラーがオフィスで浮くことはありません。

3-3.ポロシャツ

カジュアルなイメージのあるポロシャツもビジネス用のものはビズポロと呼ばれ、クールビズには欠かせなくなっています。ポロシャツの快適性とワイシャツのかっちり感の良さを兼ねているのが特徴です。
ポロシャツは、台衿でカジュアル感の印象も変わります。台衿とは衿の土台となる部分で、台衿があることで衿が立ち上がり、キチンとした印象になります。カジュアルになりすぎないポロシャツ選びの参考にしましょう。

ポロシャツ.jpg

3-4.ハイゲージニット

ニットには大きくハイゲージニットとローゲージニットがあります。編み目の密が細かいものをハイゲージニット、編み目が荒いものをローゲージニットと呼びます。ハイゲージニットは、生地の表面がフラットですっきりとした印象があるため、オフィスカジュアルコーデにも向いています。
柄は無地が合わせやすく、シンプルなデザインを選びましょう。少しゆとりがあるサイズ感がおすすめです。

3-5.ツヤ感のあるTシャツ

カジュアル感の強いTシャツはツヤ感のある素材のものでスタイリッシュな印象をプラスできます。Tシャツに使われる素材には吸湿性のあるコットンや、耐久性のあるポリエステル素材が使われます。上質なコットンはツヤ感があり、糸の織り方を変えることで光沢感をアップさせることが可能です。
Tシャツは無地がもっともビジネスの場に相応しく、柄プリントやポケットがついているものはカジュアル度が増します。サイズが大きいとカジュアルすぎてだらしない印象となり、ぴっちりしすぎても職場に相応しいとはいえません。Tシャツ×ジャケットスタイルで、首元がすっきりした印象を与えられます。

ツヤ感のあるTシャツ.jpg

3-6.タートルネックトップス

タートルネックトップス.jpg

タートルネックは首まわりまで覆う高さのある衿のことです。首元まで暖かく季節感の演出も可能です。タートルネックは首元の露出が少なく上品な印象を与えてくれるため、オフィスカジュアルに取り入れたいアイテムです。

3-7.チノパン

チノパン.jpg

オフィスカジュアルに合わせやすいパンツスタイルはチノパンです。チノパンはコットン素材が使われているためカジュアルコーデに合わせやすく、カジュアルスタイルのジャケットとの相性も良いです。太めのタイプはカジュアル感がアップし、ビジネスシーンでの着こなしは難易度が上がります。すっきりしたラインのものを選び、センタープレスが入っているとキチンと感もアップします。

3-8.スラックス

スラックス.jpg

スラックスとはロング丈のパンツのことで、スーツやセットアップ、制服など上下セットで着用するもののパンツを指すことが多いです。ウールやポリエステルなどの上品な印象を与える素材が使われており、センタープレスの入ったキレイなデザインが多いです。スラックスはフォーマル感が高いため、衿つきトップスなどを合わせるのがおすすめです。

3-9.セットアップ

セットアップとはジャケットとパンツに同じ素材の生地を使用した上下セットのことです。一見スーツのように見えますが、使われている素材やディテール、シルエットなどデザインが異なり、カジュアルな着こなしが可能です。また、上下セットになっているので組み合わせを考える必要もなく、手軽にコーディネートできます。
セットアップはジャケットやパンツを単体で使うこともできるため、コーディネートの幅が広がり、オフィスカジュアルに活躍してくれるアイテムです。

3-10.レザーシューズ

オフィスカジュアルスタイルに合わせるシューズのおすすめはレザー製のスニーカーです。スニーカーのスタイリッシュさと、カジュアルになりすぎないレザーが、オフィスカジュアルにも最適な組み合わせです。
ビジネススーツに合わせる革靴だとかしこまりすぎる印象になり、カジュアルすぎるシューズや露出度が高くなるサンダルは避けたほうが良いでしょう。

3-11.トートバッグ

オフィスカジュアルスタイルではトートバックがおすすめです。ビジネスシーンにもマッチしやすい素材を使用したものであればカジュアルになりすぎず、普段着にも合わせやすいため、使用シーンの幅も広がります。A4サイズの書類やPCなどが入る実用性のあるサイズが使いやすいでしょう。

まとめ

オフィスカジュアルには明確な定義がないため、必ずしもこれが正解というものがありません。どこまでのカジュアル感がOKで、どこからがNGなのか判断する基準が難しいというのが実情です。そのため、オフィスカジュアルは職場の雰囲気に合わせつつ、周囲への配慮を欠かさないことが求められます。ご紹介したおすすめアイテムを参考にし、ぜひオフィスカジュアルコーデに活かしてみてください。

この記事を書いた人
上野さん.jpg

2004年に株式会社コナカに入社。2007年にコナカの店長として6年間勤務。その後茨城地区の複数店舗を統括するエリアマネージャーとして4年間勤務。2016年新規事業である「DIFFERENCE」のバイヤーとして商品本部に配属され、7年目を迎える。現在はレディースとメンズカジュアル関係のバイヤー業務を担当。実際のウェァリング調査を密に行い、市場の流れやお客様のニーズを察知することで次シーズンへの企画や生産に活かしています。また異業種や幅広い年齢層の方々とも積極的に交流する事を大事にしております。バイヤーの仕事は物を作ることも大切ですが、まずは販売スタッフに想いを届ける事が重要と考えています。