ジャケットとスーツの6つの違いを解説!ビジネスシーンでジャケットの着用は可能?

23.10.17

カテゴリー

スーツ

タグ

スーツ

ジャケットとスーツの6つの違いを解説!ビジネスシーンでジャケットの着用は可能?

ジャケットとスーツの上着は一見するとよく似ているアイテムです。
「プライベートシーンだけど上着を羽織って、フォーマル感を出したい」「ビジネスシーンでジャケットでもOK?」など、さまざまな場面でジャケットかスーツの着用を迷うこともあるでしょう。
この記事では、ジャケットとスーツの違いについて解説し、シーンに合わせて使い分けできるようご紹介します。ジャケットとスーツをさまざまなシーンで代用できるポイントもご紹介しています。

1.スーツとジャケットの違いとは?

image01スーツとジャケットの違いとは?.jpg

スーツとジャケットには大きな違いがあります。
スーツはビジネスや冠婚葬祭などフォーマルなシーンに向いており、ジャケットはカジュアルシーンに向いています。しかし見分け方を知らないと、着用シーンを誤ってしまう可能性もあるため、明確に違いが把握できるようにしましょう。
まずはスーツとジャケットそれぞれの由来をご紹介し、6つの違いについて解説していきます。

1-1.スーツとは

スーツが誕生したのはイギリスで、16世紀頃にスーツの原型ができたといわれます。ジャケット、パンツ、ベスト、ワイシャツのスタイルで、上着は膝下まであり、パンツは半ズボン、膝下にはストッキングをはいていました。当時の貴族が着用しており、今のスーツとは大きく異なる衣服でした。
18世紀頃には、乗馬や狩猟に適した動きやすいスタイルへと変化していき、さらに室内で座ることを考慮して上着の丈を短く切ったスタイルが主流となっていきました。
その後、スーツはヨーロッパからアメリカへと渡ってビジネスに取り入れられるようになり、実用的なシルエットへと変化を遂げ、世界中にビジネススーツが浸透していきました。
スーツは格式を重んじるイギリスで誕生したため、スーツの着用シーンやマナーはその歴史からも影響を受けているのです。

1-2.ジャケットとは

ジャケットは衣服の上着の総称です。スーツの形状とよく似ているジャケットはテーラードジャケットと呼ばれます。テーラードは直訳で「仕立ての」という意味があります。ジャケットだけ単体で販売される商品をテーラードジャケット(ジャケット)とし、スーツの上着と区別されています。私服として着用することを目的に、スーツから派生して作られました。

1-3.違い1:使用する生地・素材

スーツの生地は光沢感のあるつやつやしたものが多く使用されます。上下同じ生地が使われるため、目が詰まって丈夫に作られており、かつ薄手のものが使われています。
ジャケットの場合には麻や綿、ツイードなどさまざまな素材があり、素材を混合した生地もあります。柄や色使いも豊富で季節感なども出しやすく、雰囲気の幅も広いのが特徴です。
スーツと同じような生地で作られている物もあります。

1-4.違い2:セットアップかどうか

スーツの場合、基本的には上着とパンツが同じ生地で作られており、上下セットでの取り扱いになっています。
一方、ジャケットの場合には、上着単体だけの取り扱いがほとんどです。そのため別の生地で作られたパンツを組み合わせてコーディネートします。ジャケットとパンツを合わせるいわゆる「ジャケパン」スタイルです。
ジャケットとパンツが同じ生地で作られたセットアップ販売もあります。そのためスーツと混同しやすいですが、ジャケットとパンツのセットアップは、スーツに比べるとカジュアルな雰囲気で作られており、それぞれ他の上着やパンツにも合わせやすいのが特徴です。
後述するスーツとの違いを参考にしましょう。

1-5.違い3:着丈の長さ

スーツの着丈の長さは、真っ直ぐ立った時に、ヒップの下のラインが見えるくらいの長さが目安です。身長の低い方は、バランスをとってヒップの中央あたりまで裾のラインを上げて調整します。そのためヒップの中央あたりからヒップラインが見えるくらいの丈の長さで調整するのが基本です。
一方、ジャケットの場合、スーツより着丈が短くヒップが隠れない丈のものも多くあります。その場合、スーツよりも軽快でカジュアルな雰囲気になります。

1-6.違い4:肩パッドの有無

スーツの場合、基本的に肩パッドが入り立体的なシルエットになります。ビジネスシーンで求められるかっちりとしたイメージに合うフォルムです。
ジャケットの場合には、肩パッドが入っていない仕様のものも多く、身体のラインをすっきりと見せる軽快な着こなしが可能です。着用してみると違いがよくわかるはずです。

1-7.違い5:ポケットの仕様

スーツのポケット仕様は、ウエスト部分の両サイドポケットと左側に胸ポケットが付いているのが基本です。両サイドポケットには、フラップと呼ばれるフタが付いています。またポケットは内側に切り込みをいれるセットインポケットと、外側に縫い付けるパッチポケットに大別できますが、スーツの場合は、セットインポケットで作られているものが大半です。
ジャケットのポケットは、スーツと同じくウエストや胸にポケットが付いています。フラップが付いていないデザインやパッチポケットタイプのものもあります。全てのジャケットのデザインに共通しているわけではありませんが、フラップやパッチポケットも見分けるポイントとなります。

1-8.違い6:着用シーン

スーツはビジネスシーンやフォーマルシーンでの着用が基本となり、ジャケットはカジュアルシーンなどプライベートでの着用が主となります。着用シーンが明確に異なるため注意が必要です。
ジャケットはスーツとは仕様が異なり軽快に着こなせるよう、生地や着丈などのサイズ、肩パッドやポケットなど縫製の違いがあります。

2.スーツとジャケットに関するQ&A

image02スーツとジャケットに関するQ&A.jpg

ジャケットをビジネスシーンで、スーツをカジュアルシーンで着用したい場合について解説します。またジャケットのおすすめの着こなし方についてもご紹介します。

2-1.ビジネスシーンでジャケットの着用はOK?

ジャケットは軽快に着こなせるようカジュアル感の強いイメージで作られています。そのため、ビジネスシーンでの着用は基本的には避けた方が良いです。
しかし近年では、オフィスカジュアルでの勤務可としている職場も増えているため、そのような場合であればジャケットでも問題ありません。
着用シーンのマナーを把握して、使い分けできると良いでしょう。

・着用する場合の注意点

ビジネスシーンでのジャケットは、柄物やカジュアルに見えすぎる素材は避ける方が安心です。カラーはネイビーやダークグレーを選ぶと紳士的に見え、違和感がありません。組み合わせるパンツもネイビー、グレー、ベージュ、ブラウン、ブラックなど、ビジネスシーンで問題ないカラーを合わせます。
ジャケットのサイズ感は、肩幅がぴったりと合っているものを選びます。ジャケットに肩パッドが入っていないものは、サイズが合っていないとだらしない印象になります。
インナーは襟付きのシャツを着用すると程よくビジネス感を出せるようになるでしょう。

2-2.スーツの上着をジャケットとして使うのはOK?

スーツの上着は、結論から言うと他のパンツと合わない場合が多いです。スーツのフォルムや印象は、生地感や縫製によって、きっちりかっちりした雰囲気です。そこにスーツ生地ではないパンツを合わせるとパンツのカジュアル感と上着のフォーマル感のギャップが生じ、雰囲気が合いづらくなります。

・着用する場合の注意点

基本的にスーツの上着をジャケットとして使うのは、他のパンツを合わせづらいでしょう。しかし例外として下記の条件が合えば、ジャケットとして活用できることもあります。

  • 生地に光沢感がない

スーツの生地は主にウールが使用されており、光沢感によってドレッシーでフォーマルな印象を連想させます。ウールでも混合素材のものなどは、風合いが柔らかくなり光沢が抑えられているため、ジャケットとして合わせやすくなります。

  • チェック柄などカジュアル感のある柄が入っている

無地の場合、スーツのイメージが強くなりますが、柄が入っていることでカジュアル感がアップし、他のパンツとも合いやすくなります。

  • 生地表面に織り柄が入っている

織り柄は、一見無地に見えますが、糸の織り方によって見え方が変化します。オリジナル感を演出でき、パンツとも合わせやすくなるでしょう。

上記のものであれば、スーツであってもカジュアルな印象を与えやすくなります。セットで作られたもの以外のパンツにもマッチしやすくなるでしょう。

2-3.ジャケットのおすすめの着こなし方は?

ジャケットの着こなし方をシーン別でご紹介します。

・ビジネスにジャケットを取り入れる場合

スーツよりカジュアルダウンするジャケットをビジネスシーンで着こなす場合には、相手に失礼な印象を与えないよう注意が必要です。
ダークカラーはきっちりした印象をえるため、ビジネス向きです。ワイシャツは清潔感のある白や薄いブルー、柄ものも小柄なストライプなどシンプルなものを合わせます。パンツはすっきりとした細めでゆるやかなテーパードシルエットのものを選びましょう。

・オフィスカジュアルが奨励されている場合

オフィスカジュアルが奨励されていても、職場の雰囲気などもあるため、どれくらいカジュアルでもよいか迷うところです。職場には初めて会う方などもいるため、清潔感のあるコーディネートを意識し、スーツに近い印象のジャケットを選び、ワイシャツを着用しておくと良いでしょう。徐々に職場の雰囲気に合わせ、カジュアルのレベルを調整できると良いです。

・プライベートスタイル

プライベートでジャケットをさらりと羽織ると、ラフでオシャレな印象になります。
インナーには、カジュアルなTシャツやカットソーなどを合わせ、パンツはデニムなどを選んでも、ジャケットを羽織ることでしっかりとしたスタイルに仕上がります。スニーカーやサンダルを合わせて、プライベートスタイルだけでできるコーディネートを楽しみましょう。

・結婚式の二次会やレストランディナーに

結婚式の二次会などカジュアルなパーティーの場では、きっちりした印象よりも華やかさがポイントになります。たくさんの方が集う場であるため、ドレスコードに注意しつつ、ビジネスシーンではできないオシャレを楽しみたいものです。
ジャケット素材に光沢があるものや、エナメル素材のシューズを取り入れると華やかな印象になります。ワイシャツは白やブルー系で清潔感を出し、ネクタイをワンポイントにするのがおすすめです。ネクタイのストライプ柄はビジネスを連想させやすいため、普段取り入れる機会の少ない柄などにチャレンジしてみましょう。

3.まとめ

スーツとジャケットには明確な違いがあるため、使い分けできるようにしましょう。またスーツをカジュアルシーンで、ジャケットをビジネスシーンで着用したい場合には、注意点を踏まえれば着まわしは可能となります。
またジャケットの着こなしをマスターできれば、プライベートでのコーディネート幅がぐんと広がります。

この記事を書いた人

2002年に株式会社コナカに入社。2008年にスーツセレクトの店長として4年間勤務。その後東京地区、千葉地区の複数店舗を統括するエリアマネージャーとして10年勤務。その後2021年に商品本部に配属され、現在バイヤーとしてメンズジャケット、メンズパンツのバイヤー業務を担当。市場調査、ファッション関連の情報収集、お客様ニーズの調査を行い、商品企画や生産に活かしております。1人でも多くのお客様のご意見、店舗スタッフからの要望に応えられること、また自製品をご購入頂き喜んで頂けることを常に考え、製品の生産に励んでおります。